Back

News

「最大限のプッシュ」でタイトル争いを分からなくさせたベナーニ

「最大限のプッシュ」でタイトル争いを分からなくさせたベナーニ

04/11/2015 12:00

WTCCカタールラウンドを前に、ヨコハマ・ドライバーズ選手権のタイトル争いは行方が分からなくなっている。メフディ・ベナーニが「最大限のプッシュ」をしたからだ。

チャーン国際サーキットで開催されたWTCCタイラウンドで、ベナーニはヨコハマ・ドライバーズ選手権の1位と2位でフィニッシュ。タイトルを争うライバルのノルベルト・ミケリスは、7位だった。

タイラウンドの前に25ポイント差をつけていたミケリスだが、今ではその差が7ポイントに縮まっている。カタールラウンドで争うのは、23ポイントだ。

セバスティアン・ローブ・レーシングでシトロエンCエリーゼを走らせるモロッコ人ドライバーは、「ヨコハマ・ドライバーズ選手権にとって良い週末だった」と述べた。「僕は勝利を目指して最大限のプッシュをした。そして勝つことができたんだ。レース2は最初のコーナーで(イヴァン・ミュラーと接触し)少し苦しんだ。ホンダの2台と争っていたから、残念だったよ」。

「僕らは後方からのスタートでとてもクリーンなレースをした。多くのドライバーをオーバーテイクしたね。これは良かった。チームが素晴らしい仕事でセットアップをしてくれて、レースごとに改善する情報をすべてくれたんだ」。

WTCCは11月26日と27日に、ドーハのロサイル国際サーキットで第23戦と第24戦が開催される。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。