Back

News

「最大限のプッシュ」でタイトル争いを分からなくさせたベナーニ

「最大限のプッシュ」でタイトル争いを分からなくさせたベナーニ

04/11/2015 12:00

WTCCカタールラウンドを前に、ヨコハマ・ドライバーズ選手権のタイトル争いは行方が分からなくなっている。メフディ・ベナーニが「最大限のプッシュ」をしたからだ。

チャーン国際サーキットで開催されたWTCCタイラウンドで、ベナーニはヨコハマ・ドライバーズ選手権の1位と2位でフィニッシュ。タイトルを争うライバルのノルベルト・ミケリスは、7位だった。

タイラウンドの前に25ポイント差をつけていたミケリスだが、今ではその差が7ポイントに縮まっている。カタールラウンドで争うのは、23ポイントだ。

セバスティアン・ローブ・レーシングでシトロエンCエリーゼを走らせるモロッコ人ドライバーは、「ヨコハマ・ドライバーズ選手権にとって良い週末だった」と述べた。「僕は勝利を目指して最大限のプッシュをした。そして勝つことができたんだ。レース2は最初のコーナーで(イヴァン・ミュラーと接触し)少し苦しんだ。ホンダの2台と争っていたから、残念だったよ」。

「僕らは後方からのスタートでとてもクリーンなレースをした。多くのドライバーをオーバーテイクしたね。これは良かった。チームが素晴らしい仕事でセットアップをしてくれて、レースごとに改善する情報をすべてくれたんだ」。

WTCCは11月26日と27日に、ドーハのロサイル国際サーキットで第23戦と第24戦が開催される。

ニッキー・カツバーグとトム・コロネルは、WTCC再開となる8月5日から7日開催のアルゼンチンラウンドに向け、さらに調子を整えていくと述べた。

...

01/07/2016 12:00 - 2016

アレッサンドロ・マリアーニは、先週末のヴィラ・レアルでチアゴ・モンテイロが勝利を祝ったことを、アイルトン・セナ氏がインテルラゴスで行われた1991年のブラジルGPで感動的な勝利を収めたときと比較している。

クリス・リチャードはETCCで2ポイントのアドバンテージを手にし、来季のWTCC参戦に向かっている。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。