Back

News

いかにマラケシュは難しいのか? WTCCの英雄ベナーニに聞く

いかにマラケシュは難しいのか? WTCCの英雄ベナーニに聞く

19/03/2015 12:36

2015年のWTCCはマラケシュでのモロッコラウンドに向かっている。アルゼンチンでのシーズン開幕戦もドライバーたちにとって厳しいものだったが、地元の英雄であるメフディ・ベナーニによると、 マラケシュはまったく別レベルで難しいようだ。

シトロエンCエリーゼをドライブするベナーニは優勝候補の一角。そのベナーニが、ムーレイ・エル・ハッサン・サーキットの市街コースについて語った。ミスが大きな痛手になるという。

セバスティアン・ローブ・レーシングのベナーニは、「まったくミスができないから非常に難しいんだ」と語った。「アルゼンチンとは違う。例えばアルゼンチンの予選で僕はミスしたけど、グラベルがあった。でも、マラケシュはまったく異なる。ここでミスをすれば、直接ウォールに向かい、マシンの多くが壊れてしまう。難しいだけじゃないんだ。できるだけ最大限でプッシュし、でもマシンをトラックにとどめなければいけないという大変さがある」。

全長4624キロのムーレイ・エル・ハッサン・サーキットでは、2009年からWTCCが開催されている。今年は4月17日から19日までの開催だ。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。