Back

News

かつてWTCC連覇を果たしたミュラー、今度はロペスが…

かつてWTCC連覇を果たしたミュラー、今度はロペスが…

27/10/2015 08:00

今週末のWTCCタイラウンドですべてがシトロエンのプランどおりに進めば、ホセ・マリア・ロペスはWTCC連覇というエリートグループの仲間入りを果たす。

32歳のアルゼンチン人ドライバーは、レース1でポールポジションから優勝すれば、ライバルであるイヴァン・ミュラーの結果に関係なく、タイトル連覇が決まる。アンディ・プリオ(2005年から2007年の王者)、ミュー(2010年と2011年の王者)に続く快挙だ。

ミュラーは2011年にWTCC連覇を果たした(写真)。現在は4レースを残し、チームメートのロペスに75ポイント差をつけられている。

※結果はすべてFIAの正式承認待ち

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。