Back

News

アルゼンチンラウンド、テストセッションはロペスがトップ

アルゼンチンラウンド、テストセッションはロペスがトップ

02/08/2014 03:19

1日に行われた最初のテストセッションでは、予想できたようにホセ・マリア・ロペスが最速ラップをたたき出した。だが、イヴァン・ミュラーとガブリエル・タルキーニもすぐ後を追っている。

ロペスは最初のラップで1分45秒764というタイムを出すと、2周目ですぐに1分45秒296とタイムを伸ばす。一方で、タルキーニは1分45秒654で2位に入った。

セッションが進む中で、セバスティアン・ローブが1分44秒641と暫定的にトップに立つが、終盤にローブは4位に転落する。ミュラーが1分44秒270、ロペスが1分44秒254とタイムを伸ばし、最後にタルキーニがトップに0.089秒差の1分44秒343を出したからだ。

トップ10はそのほか、チアゴ・モンテイロ(1分44秒894)、メフディ・ベナーニ(1分45秒201)、ウーゴ・バレンテ(1分45秒592)、トム・チルトン(1分45秒949)、ロブ・ハフ(1分46秒211)、ジェームス・トンプソン(1分46秒340)と続いている。

TC2Tクラスでは、フランツ・エングストラーが1分51秒801と、新チームメートのカミロ・エチェバリアを0.7秒差で上回った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。