Back

News

アルゼンチンラウンド、テストセッションはロペスがトップ

アルゼンチンラウンド、テストセッションはロペスがトップ

02/08/2014 03:19

1日に行われた最初のテストセッションでは、予想できたようにホセ・マリア・ロペスが最速ラップをたたき出した。だが、イヴァン・ミュラーとガブリエル・タルキーニもすぐ後を追っている。

ロペスは最初のラップで1分45秒764というタイムを出すと、2周目ですぐに1分45秒296とタイムを伸ばす。一方で、タルキーニは1分45秒654で2位に入った。

セッションが進む中で、セバスティアン・ローブが1分44秒641と暫定的にトップに立つが、終盤にローブは4位に転落する。ミュラーが1分44秒270、ロペスが1分44秒254とタイムを伸ばし、最後にタルキーニがトップに0.089秒差の1分44秒343を出したからだ。

トップ10はそのほか、チアゴ・モンテイロ(1分44秒894)、メフディ・ベナーニ(1分45秒201)、ウーゴ・バレンテ(1分45秒592)、トム・チルトン(1分45秒949)、ロブ・ハフ(1分46秒211)、ジェームス・トンプソン(1分46秒340)と続いている。

TC2Tクラスでは、フランツ・エングストラーが1分51秒801と、新チームメートのカミロ・エチェバリアを0.7秒差で上回った。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。

...

03/12/2016 14:19 - 2016

2日にFIA授賞式でWTCCでの3連覇を正式に表彰された翌日、ホセ・マリア・ロペスはニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ・ベストドライバー・トロフィーを受賞した。ロペスは今季、伝説のトラックで2連勝を飾っている。