Back

News

アル・アッティヤがWTCCデビューを振り返る

アル・アッティヤがWTCCデビューを振り返る

10/12/2015 20:00

中東のモータースポーツ界のレジェンドであるナセル・アル・アッティヤは、先月開催された母国カタールでのWTCCでのデビューを楽しんだと振り返った。

ダカールで2度勝利したFIAラリー王者は、カタールラウンドで16位、14位フィニッシュだった。カンポス・レーシング・シボレーをドライブし、ヨコハマ・ドライバーズ選手権でポイントを獲得している。

アル・アッティヤは「2レースとも完走したことが非常に重要だ。こういうレースの経験は本当にまったくなかったし、こういったトップクラスのドライバーたちと競い、彼らを後ろから見て、多くを学ぶことができて本当にうれしい」と述べた。

「僕にとっては素晴らしい週末だった。でも、これほど汗をかいたことはないよ。ダカールでもね。でも、OK、本当に楽しかった。いつラップが終わるのかと心待ちにしたけどね。でも、本当に良い経験だったんだ。12月を楽しんで、次のダカールに向けて準備したい」。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。