Back

News

イタリアンスタイルのWTCC

イタリアンスタイルのWTCC

02/03/2016 08:00

WTCCがイタリアに戻ってくる。2013年3月以来のことだ。2日と3日、ローマ近郊のアウトドローモ・ヴァッレルンガで公式テストが開催される。イタリアでのWTCCといえば…

1: 大きなリスタートの舞台
WTCCは2005年に復活した。そのオープニングレースの舞台となったのが、モンツァだ。ディルク・ミューラー(BMW)とジェームス・トンプソン(アルファロメオ)が勝利した。

2: 地元の英雄
アルファロメオは2005年から2007年までWTCCのファクトリーチームだった。トンプソンの序盤の成功に加え、さらに6勝を挙げている。

3: 唯一にして絶対
イタリア出身のWTCC王者は、2009年に優勝したガブリエル・タルキーニのみ。イタリア人ドライバーとしてはWTCCで最多となる20勝を挙げている。そのほかはファブリツィオ・ジョヴァナルディとアレックス・ザナルディの4勝。

4: 昨季は勝利ゼロ
2015年はタルキーニにとってフラストレーションの一年となった。2005年にWTCCに参戦してから、初めて勝利なしのシーズンに終わっている。

5: F1のスターたち

元F1グランプリのレーサーで、これまでWTCCで勝利したのは4名。ニコラ・ラリーニ、ジャンニ・モルビデッリ、ガブリエル・タルキーニ、アレックス・ザナルディだ。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。