Back

News

オランダのチームがWTCCを夢見て

オランダのチームがWTCCを夢見て

29/11/2012 13:31

オランダにベースを持つVuik Racingが来年開催されるドイツADAC Procar 選手権への出場に向けてのプログラムを準備しています。 しかし、それと同時にドライバーのHenk VuikはWTCCツーリングカー選手権でのレース参戦の夢を隠せません。

このチームは2013年に2台のメルセデスC200車両をS2000のスペックで出場させます。

「1台は以前Thate MotosportのマシンでJens Weimannが乗り込み、もう1台の姉妹車両はスカンジナビア・ツーリングカー・カップでG-Rex Motorsportがレースで使っていた車です。」との説明がVuikからありました。

Vuikと彼のチームは今年ツーリングカー選手権に転換するまで、フォーミュラFORDユーロ・カップの2000クラスで4位入賞を果たし、Dutch and Beneluxチャンピオンシップで素晴らしい実績を残しています。

「新しいチャレンジを求めて、Burando Production Open(オランダ・ツーリングカー選手権)へ参戦し、3回のレース優勝を果たしました!現在、ADAC Procarへステップ・アップする準備が整いました。両車両共にSTCCで開発された新しいサスペンションが搭載され、レースで勝利を勝ち取るポーテンシャルを十分兼ね備えていると思っています。Vuikは語りました。

2013年度の計画は確定しましたが、Vuikは密かな夢を抱いています。

「私の夢はチームと一緒にWTCCへ参戦し、 1.6リッター・ターボ・エンジンのメルセデス A-クラスでレースへ出場する事…」

画像と情報提供:www.adac-procar.de

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。