Back

News

オランダのチームがWTCCを夢見て

オランダのチームがWTCCを夢見て

29/11/2012 13:31

オランダにベースを持つVuik Racingが来年開催されるドイツADAC Procar 選手権への出場に向けてのプログラムを準備しています。 しかし、それと同時にドライバーのHenk VuikはWTCCツーリングカー選手権でのレース参戦の夢を隠せません。

このチームは2013年に2台のメルセデスC200車両をS2000のスペックで出場させます。

「1台は以前Thate MotosportのマシンでJens Weimannが乗り込み、もう1台の姉妹車両はスカンジナビア・ツーリングカー・カップでG-Rex Motorsportがレースで使っていた車です。」との説明がVuikからありました。

Vuikと彼のチームは今年ツーリングカー選手権に転換するまで、フォーミュラFORDユーロ・カップの2000クラスで4位入賞を果たし、Dutch and Beneluxチャンピオンシップで素晴らしい実績を残しています。

「新しいチャレンジを求めて、Burando Production Open(オランダ・ツーリングカー選手権)へ参戦し、3回のレース優勝を果たしました!現在、ADAC Procarへステップ・アップする準備が整いました。両車両共にSTCCで開発された新しいサスペンションが搭載され、レースで勝利を勝ち取るポーテンシャルを十分兼ね備えていると思っています。Vuikは語りました。

2013年度の計画は確定しましたが、Vuikは密かな夢を抱いています。

「私の夢はチームと一緒にWTCCへ参戦し、 1.6リッター・ターボ・エンジンのメルセデス A-クラスでレースへ出場する事…」

画像と情報提供:www.adac-procar.de

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。

セバスティアン・ローブ・レーシングのエンジニアであるジャン=フィリップ・ニコラオは、チームにとって厳しい結果となったマラケシュでのレースに言い訳はないと述べた。

イヴァン・ミュラーは、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのレースに臨む前に時間が必要だと認めている。