Back

News

カタールラウンド、初のナイトレースを制したのはロペス

カタールラウンド、初のナイトレースを制したのはロペス

27/11/2015 20:19

カタールの首都ドーハ近郊のロサイル国際サーキットで開催されたWTCC DHLカタールラウンドのレース1は、王者ホセ・マリア・ロペスがシーズンベストとなる今季10勝目を収めた。

シトロエンCエリーゼをドライブするロペスは、ポールポジションからスタート。最初のコーナーでチームメートのセバスティアン・ローブのアタックをしのぐと、メフディ・ベナーニとウーゴ・バレンテを抑え、WTCC史上初となるナイトレースで見事な勝利を飾っている。

全体の2位に入り、ヨコハマ・ドライバーズ選手権の中ではトップに立ったベナーニは、ノルベルト・ミケリスとのタイトル争いで2ポイント差として最終レースに臨むこととなった。

3位スタートだったローブは、2周目のターン1で4位に転落。バレンテと3位の座を争い、残りの12周で激しく追ったが、4位に終わった。それでも、ドライバーズ選手権の2位争いで、イヴァン・ミュラーとの差を12ポイントに広げている。ミュラーは6位フィニッシュ。マ・チンホワが5位、ミケリスが7位、ホンダのチアゴ・モンテイロが8位、ラーダのニッキー・カツバーグが9位となった。

トップ10最後はステファノ・ダステ。ガブリエル・タルキーニはスピンをしながらも挽回し、16位fiiニッシュのナセル・アル・アッティヤの前でレースを終えている。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。