Back

News

カンポスとROALがカタールでタイトルを争う

カンポスとROALがカタールでタイトルを争う

11/11/2015 12:00

ROALモータースポーツとカンポス・レーシングは、2015年のWTCC最終ラウンドで、今月末にカタールで初めて開催されるナイトレースで、ヨコハマ・チーム選手権のタイトルを争う。

ツーリングカー界のレジェンドであるロベルト・ラヴァッリャが共同オーナーを務めるイタリアのROALは、元F1レーサーのアドリアン・カンポスが設立したカンポス・レーシングに16ポイント差をつけている。

ROALはトム・チルトンとトム・コロネルがタイトルを狙う。一方のカンポスは、カタールで3人のドライバーを投入する。地元のナセル・アル・アティヤ、若手のジョン・フィリッピ、そしてウーゴ・バレンテだ。だが、各レースでポイントが考慮されるのは、上位2名となる。5人のドライバーが走らせるのは、すべてシボレーRMLクルーズTC1だ。

一方、ヨコハマ・ドライバーズ選手権はメフディ・ベナーニとノルベルト・ミケリスの争い。ベナーニは今月のタイラウンドで勝利と2位をマーク。ミケリスとの差を7ポイントに縮めている。

WTCCカタールラウンドは、11月26日から27日までロサイル国際サーキットで開催される。WTCCにとって初のナイトレースであり、中東で初めての開催だ。

写真: @World

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。