Back

News

カンポスとROALがカタールでタイトルを争う

カンポスとROALがカタールでタイトルを争う

11/11/2015 12:00

ROALモータースポーツとカンポス・レーシングは、2015年のWTCC最終ラウンドで、今月末にカタールで初めて開催されるナイトレースで、ヨコハマ・チーム選手権のタイトルを争う。

ツーリングカー界のレジェンドであるロベルト・ラヴァッリャが共同オーナーを務めるイタリアのROALは、元F1レーサーのアドリアン・カンポスが設立したカンポス・レーシングに16ポイント差をつけている。

ROALはトム・チルトンとトム・コロネルがタイトルを狙う。一方のカンポスは、カタールで3人のドライバーを投入する。地元のナセル・アル・アティヤ、若手のジョン・フィリッピ、そしてウーゴ・バレンテだ。だが、各レースでポイントが考慮されるのは、上位2名となる。5人のドライバーが走らせるのは、すべてシボレーRMLクルーズTC1だ。

一方、ヨコハマ・ドライバーズ選手権はメフディ・ベナーニとノルベルト・ミケリスの争い。ベナーニは今月のタイラウンドで勝利と2位をマーク。ミケリスとの差を7ポイントに縮めている。

WTCCカタールラウンドは、11月26日から27日までロサイル国際サーキットで開催される。WTCCにとって初のナイトレースであり、中東で初めての開催だ。

写真: @World

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。