Back

News

コズロフスキーがロシアでのチャリティーカートレースに参戦

コズロフスキーがロシアでのチャリティーカートレースに参戦

02/12/2014 11:20

ラーダ・スポーツのミハイル・コズロフスキーが、4日に地元サンクトペテルブルクで開催されるカートのイベント「オールスターズ」に参戦することとなった。

「オールスターズ」は国際的にモータースポーツ選手権を戦っているロシアのレーサーたち、そして国内のシリーズで優勝したドライバーたちが参戦する毎年恒例のイベント。

目的は、ロシアの孤児や障がいを持つ子供たちのための基金を集めることだ。コズロフスキーは、若きゴーカートドライバーたちやファンによって構成されるチームのリーダーを務める。招待された「スター」たちによる他チームとのバトルだ。

コズロフスキーはゴーカートの経験が豊富で、10歳のときにレースキャリアをスタート。最高レベルで6年を戦い、フォーミュラカーやツーリングカーへと転向した。また、毎週末にサンクトペテルブルクのレースコースで、若きカートレーサーたちとそのドライビング経験を共有している。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。