Back

News

コズロフスキーがロシアでのチャリティーカートレースに参戦

コズロフスキーがロシアでのチャリティーカートレースに参戦

02/12/2014 11:20

ラーダ・スポーツのミハイル・コズロフスキーが、4日に地元サンクトペテルブルクで開催されるカートのイベント「オールスターズ」に参戦することとなった。

「オールスターズ」は国際的にモータースポーツ選手権を戦っているロシアのレーサーたち、そして国内のシリーズで優勝したドライバーたちが参戦する毎年恒例のイベント。

目的は、ロシアの孤児や障がいを持つ子供たちのための基金を集めることだ。コズロフスキーは、若きゴーカートドライバーたちやファンによって構成されるチームのリーダーを務める。招待された「スター」たちによる他チームとのバトルだ。

コズロフスキーはゴーカートの経験が豊富で、10歳のときにレースキャリアをスタート。最高レベルで6年を戦い、フォーミュラカーやツーリングカーへと転向した。また、毎週末にサンクトペテルブルクのレースコースで、若きカートレーサーたちとそのドライビング経験を共有している。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。