Back

News

コロネル、最終レースのスタート前にオイル漏れがあったと明かす

コロネル、最終レースのスタート前にオイル漏れがあったと明かす

07/12/2015 16:00

トム・コロネルは先月開催された2015年のWTCC最終レースで、オイル漏れによりフロントローからスタートすることができなかった。

WTCC DHLカタールラウンドのレース2で、コロネルはリバースグリッドでポールポジションとなったジョン・フィリッピと並び、フロントローからスタートする予定だった。だが、ロサイル国際サーキットでのレース間に問題が発生。コロネルはピットレーンからスタートすることになり、彼のシボレーRMLクルーズTC1は12位フィニッシュとなった。

コロネルは「レース1でグリッドに向かうときから、すでに何か変なノイズが聞こえていたんだ」と述べている。「何かは分からなかったけど、最初にいくつかコーナーを周ったときに滑ると感じていた。無線で『これは僕のマシンじゃない』と言っていたよ。オイルがタイヤに漏れていたのが分かったんだけど、そのときの僕はまだ知らなかったんだ。かなり良い感じでほかのグループに食らいついていたから、ピットには向かわなかった。いくつか順位を落としたけど、(ロブ・)ハフのラーダを抑えることができた。ヨコハマ・チーム選手権のポイントのこともあったし、前進するしかなかったんだ」。

「残念ながら、レース間のリペア時間で、オイルクーラーの漏れが分かり、リペアしなければいけなかった。かなりの時間がかかって、僕はピットレーンからスタートしなければならなかったんだ。ベストのポジションの一つでスタートできたはずだったんだけどね」。

フラストレーションのたまるシーズンの締めくくりとなったが、コロネルやチームメートのトム・チルトンのパフォーマンスにより、ROALモータースポーツはヨコハマ・チーム選手権のタイトルを2年連続で獲得した。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。