Back

News

シトロエンのマットン代表 「こういうバトルこそ望むもの」

シトロエンのマットン代表 「こういうバトルこそ望むもの」

06/10/2015 08:00

WTCCのタイムサービスプロバイダーである「ITS Chrono」が提供したこの写真判定画像は、先月のROSNEFT WTCC中国ラウンドのレース2で、2位を争ったホセ・マリア・ロペスとガブリエル・タルキーニがいかに接戦だったかを物語っている。

ホンダのタルキーニはシトロエンの王者ロペスに、わずか0.025秒差で競り勝った。

上海国際サーキットでのレース後、シトロエン・トータルのイヴス・マットン代表は、ドラマティックなバトルを楽しんだとし、「このバトルは本当に我々がモータースポーツに望むものだ」とコメント。「ガブリエルとホセ・マリアは、本当に素晴らしかった。残りの4レースもこういうレースになるといいね」と述べた。

今シーズン序盤には、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのWTCCドイツラウンドのレース2で、イヴァン・ミュラーがロペスに0.173秒差で競り勝つ場面もあった。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。