Back

News

スペインでテストを待つボルコビッチ

スペインでテストを待つボルコビッチ

26/03/2014 08:10

ドゥサン・ボルコビッチは先週のバレンシアでのテストで、自身のマシンが届くのを待つことになったドライバーの一人だ。

ボルコビッチは「新シボレーが走っているのを見ることができたのは良かったよ。自分でもテストしたかったけどね。チームメートのウーゴ・バレンテと初めて会ったんだけど、彼がクルーズをドライブするのを見るのは、僕にとって重要なことだった。マシンにとって初めてのテストで、僕らは本当に結果に満足している。この一年全体が僕ら全員にとっての長いテストとなる。特に、WTCCで初めてのシーズンとなる僕にとってはね」と語った。

さらに、ボルコビッチは「カンポス・レーシングは素晴らしいチームだ。僕らは昨年、欧州ツーリングカー選手権で素晴らしい協力ができたんだよ。彼らのおかげで僕はWTCCに踏み出すことができた。エンジニアにジョアン・オルスがいるのは本当にうれしいね。彼は素晴らしいエキスパートで、最初からWTCCにいる人だ。シーズン中に彼から多くを学べるだろうね」と続けている。

テスト後、ボルコビッチはRMLの工場を訪れた。自身のクルーズのドライビングシートを調整するためである。ボルコビッチは身長207センチなのだ…。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。