Back

News

スリトライ、WTCCデビューでインパクトを残すには?

スリトライ、WTCCデビューでインパクトを残すには?

10/11/2015 18:00

ティン・スリトライは今月、母国タイでWTCCデビューを飾り、2レースでそれぞれポイントを獲得した。カンポス・レーシングをヨコハマ・チーム選手権のタイトル争いで踏みとどまらせ、大きなインパクトを残したのだ。

シボレーRMLクルーズTC1を初めてドライブしたにもかかわらず、チャーン国際サーキットで開催されたレースで、26歳のスリトライは10位と9位フィニッシュを決めた。

WTCCに参戦した初のタイ人ドライバーとなったスリトライは、「初日からかなり改善していった。2日間しかマシンを走らせなかったからね」と述べた。「難しい2レースでポイントを獲得できて、とてもうれしい。多くのことを学んだし、WTCCの経験をいろいろと積むことができた」。

スリトライは2016年のフル参戦を目指している。一方、カンポス・レーシングはカタールでのシーズン最終ラウンドを前に、ヨコハマ・チーム選手権でROALモータースポーツを16ポイント差で追っている。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。