Back

News

スリトライ、WTCCデビューでインパクトを残すには?

スリトライ、WTCCデビューでインパクトを残すには?

10/11/2015 18:00

ティン・スリトライは今月、母国タイでWTCCデビューを飾り、2レースでそれぞれポイントを獲得した。カンポス・レーシングをヨコハマ・チーム選手権のタイトル争いで踏みとどまらせ、大きなインパクトを残したのだ。

シボレーRMLクルーズTC1を初めてドライブしたにもかかわらず、チャーン国際サーキットで開催されたレースで、26歳のスリトライは10位と9位フィニッシュを決めた。

WTCCに参戦した初のタイ人ドライバーとなったスリトライは、「初日からかなり改善していった。2日間しかマシンを走らせなかったからね」と述べた。「難しい2レースでポイントを獲得できて、とてもうれしい。多くのことを学んだし、WTCCの経験をいろいろと積むことができた」。

スリトライは2016年のフル参戦を目指している。一方、カンポス・レーシングはカタールでのシーズン最終ラウンドを前に、ヨコハマ・チーム選手権でROALモータースポーツを16ポイント差で追っている。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。