Back

News

スロバキア、予選後のコメント

スロバキア、予選後のコメント

11/05/2014 10:56

スロバキアリンクでの予選後の会見でのコメントは以下の通り。

ホセ・マリア・ロペス

「ポールポジションを獲得できるのは常に素晴らしいことだ。正直、ここでは期待していなかった。でも、ベストを尽くしてすべてがうまくいったね。マシンが素晴らしかった。チームに感謝するよ。週末になってから、僕は第1セクターですごく速かった。Q3でもそうだたね。それで第2セクターへの自信が持てたんだ。Q3での第3セクターでは、最後から2番目のコーナーで少しワイドになってしまった。最終コーナーの前のブレーキもベストではなかった。フロントタイヤがぎりぎりだったのかもしれない。とにかく、このサーキットはすごく好きだよ。とてもテクニカルで、僕のスタイルに合っている。シミュレーターでそれが分かってからは気楽だった。実際にそうだったよ」

セバスティアン・ローブ

「今日はまったく簡単じゃなかった。チームメートたちのプレッシャーを感じたし、僕は少しフリーセッションでセットアップに苦しんだからね。予選もそうだった。いくつか問題があったんだ。最初はミスファイアリング、次にリアサスペンションとね。だから、かなり緊張したセッションだった。2位に入れてうれしいよ。ここのトラックは美しい。GTでレースをしたから知っていたけど、難しいよね。かなりフラットだからだ。コーナーやブレーキポイントで簡単にミスしてしまうんだよ」

イヴァン・ミュラー

「実質的に最初のコーナーでポールポジションを狙うチャンスを逃してしまった。ワイドになってしまった。何とか追いつこうとして、できるだけクリーンなドライブをしたけど、3位が精いっぱいだったよ。このトラックで正しいバランスを見つけるのは難しいんだ。明日は最初の2つのコーナーが決め手となる」

フランツ・エングストラー

「マシンのパフォーマンスにはとても満足している。ブダペストからかなり良くなった。BMWのサポートに感謝しなければいけない。新しいエンジニアを派遣してくれて、テストしていた多くのことが結実したんだ。特にトップスピード時にね。今日もそれは見てのとおりだった」

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。

来月のアルゼンチンラウンドを前に、ロブ・ハフはテルマス・デ・リオ・オンドのサーキットを「美しいトラック」と評している。