Back

News

セバスティアン・ローブ・レーシング、2016年シーズンもベナーニと契約

セバスティアン・ローブ・レーシング、2016年シーズンもベナーニと契約

25/11/2015 20:00

メフディ・ベナーニが2016年もセバスティアン・ローブ・レーシングでWTCCでの成功を追い求めることとなった。チームはモロッコ人ドライバーとの契約に満足している。

今週のカタールラウンドでヨコハマ・ドライバーズ選手権のタイトルをノルベルト・ミケリスと争うベナーニは、2015年にセバスティアン・ローブ・レーシングに加入。シトロエンCエリーゼのプライベーターとして、シーズンを通じてその強さとポテンシャルを示してきた。

セバスティアン・ローブ・レーシングの共同設立者であるドミニク・アンツは、次のように述べた。

「メフディやシトロエンCエリーゼとWTCCでの仕事が続けられて、我々はうれしい。2つの点で満足だよ。まずは、WTCCでのこの経験のすべてが面白く、モチベーションになるからだ。この国際プログラムにより、我々は前進と向上をしなければいけない。厳しい競争の中で常に改善しなければいけないんだ。それに、我々はメフディと見事な仕事関係を築いた。一緒に進化し、シーズン終盤に向けて素晴らしいパフォーマンスを見せられるようになったんだ。トップを争うレベルにね。我々は力強い土台を築いた。それを基に、2016年はもっと良いシーズンにできるはずだ」。

32歳のベナーニも、このように述べている。

「最終ラウンドの直前に、来季もセバスティアン・ローブ・レーシングで続けられることになったのは、最高の知らせだよ。僕がチームを完全に信頼していることを示している。とてもプロフェッショナルなチームで、意欲的にパフォーマンスの向上を目指している。ラリーで9度も世界王者となったローブのためにレースをしているということを忘れずに、このプロセスの一員を務めることは、本当に特別なんだ。今のこのレベルにたどり着かせてくれたすべての人に感謝したい。こうやってモロッコの人々や、ムハンマド6世国王に支えてもらえるのは、本当に素晴らしい名誉であり、大きな責任だ。WTCCを戦うアラブ諸国のドライバーは、僕が初めてだった。世界タイトルを手にする最初のドライバーにもなりたいね。僕らはその目標のために仕事をしている」。

セバスティアン・ローブ・レーシングはシトロエンCエリーゼの新たなラインナップを模索しており、さらなる発表が今後あるだろう。一方、WTCCは26日と27日に、ロサイル国際サーキットでWTCC DHLカタールラウンドを開催する。

ポールスター・シアン・レーシングのボルボS60ポールスターTC1が、ウェイトなしで8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドに臨むこととなった。

ニッキー・カツバーグが今週末、ベルギーのスパ・フランコルシャン24時間レースで連覇を目指す。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。