Back

News

セバスティアン・ローブ・レーシングがドゥムースティエとサイン

セバスティアン・ローブ・レーシングがドゥムースティエとサイン

05/12/2015 12:00

ルーキーのグレゴワール・ドゥムースティエが、セバスティアン・ローブ・レーシングで来季もWTCCを戦い続けることになった。チームがシトロエンCエリーゼWTCCの3台目をドライブするレーサーとして、ドゥムースティエを選んだのだ。

24歳のフランス人ドライバーは、デビューシーズンとなった今季、クラフト・バンブー・レーシングでシボレーRMLクルーズTC1をドライブし、全体で20位、ヨコハマ・ドライバーズ選手権で7位に入った。セバスティアン・ローブ・レーシングで、メフディ・ベナーニのパートナーとなるドゥムースティエは、来年はさらに大きな目標を掲げると述べている。

2015年からWTCCに転向したドゥムースティエは、「セバスティアン・ローブ・レーシングに加わることができてうれしい。これ以上のチームはないよ」と述べた。「彼らと一緒に競うことができるのをうれしく思う。特に彼らはシトロエンCエリーゼでそのオペレーションの精通ぶりを示したからね。ベナーニは素晴らしいシーズンを送った。そこに秘密はない。運ではなく、素晴らしい仕事によるものだったんだ」。

「僕は1年目で多くを学んだ。前輪駆動におけるスキルの上達や、選手権そのものについてもね。来季は目標が変わる。もっと野心的でいたい。インディペンデントのドライバーの選手権で素晴らしい結果を残せるようにと願っているよ。Cエリーゼはとても強いマシンだ。ドライブするのが楽しみだよ。僕はかなり自信を持っているし、期待している」。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。