Back

News

タイラウンド、フリー走行1回目はロペスがリード

タイラウンド、フリー走行1回目はロペスがリード

31/10/2015 09:30

WTCCタイラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスが最速タイムを出した。

2位はヨコハマ・ドライバーズ選手権のタイトルを争うメフディ・ベナーニ。ロペスに0.299秒差だった。3位にはセバスティアン・ローブが入り、シトロエン勢がトップ3を独占している。4位と5位はノルベルト・ミケリスとガブリエル・タルキーニのホンダ勢。6位のニッキー・カツバーグが、ラーダ勢最速となった。

内耳の問題があることを明かしていたロペスだが、世界王者のペースに影響することはなかった。

トップ10は、そのほかにチアゴ・モンテイロ、ウーゴ・バレンテ、マ・チンホワ、ロブ・ハフとなった。なお、ニコラ・ラピエールがターン3でグラベルに入り、タイヤウォールに衝突したことで、フリー走行1回目は予定より2分早く終了している。

フリー走行1回目の順位はこちらをクリック。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。