Back

News

タイラウンド、フリー走行1回目はロペスがリード

タイラウンド、フリー走行1回目はロペスがリード

31/10/2015 09:30

WTCCタイラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスが最速タイムを出した。

2位はヨコハマ・ドライバーズ選手権のタイトルを争うメフディ・ベナーニ。ロペスに0.299秒差だった。3位にはセバスティアン・ローブが入り、シトロエン勢がトップ3を独占している。4位と5位はノルベルト・ミケリスとガブリエル・タルキーニのホンダ勢。6位のニッキー・カツバーグが、ラーダ勢最速となった。

内耳の問題があることを明かしていたロペスだが、世界王者のペースに影響することはなかった。

トップ10は、そのほかにチアゴ・モンテイロ、ウーゴ・バレンテ、マ・チンホワ、ロブ・ハフとなった。なお、ニコラ・ラピエールがターン3でグラベルに入り、タイヤウォールに衝突したことで、フリー走行1回目は予定より2分早く終了している。

フリー走行1回目の順位はこちらをクリック。

上海国際サーキットでのWTCC中国ラウンドの予選で苦しんだチアゴ・モンテイロは、レースも厳しい戦いになると予想している。

ホンダが2017年もWTCCに参戦することを決定した。シビックで新たな栄光を目指す。

上海国際サーキットで行われたWTCC中国ラウンドのMAC3は、ホンダが勝利を収めた。

...

24/09/2016 10:03 - 2016

WTCC中国ラウンドの予選でホセ・マリア・ロペスがポールポジションを獲得した。シトロエンは暫定ながらマニュファクチャラーズ選手権のタイトルを手にしている。(*)

中国ラウンドのフリー走行2回目は、ポールスター・シアン・レーシングのフレデリク・エクブロムが最速タイムを出した。

全長4.603キロの上海国際サーキットで開催されたWTCC中国ラウンドのフリー走行1回目は、ボルボS60ポールスターTC1を走らせるテッド・ビョルクが最速タイムを出した。