Back

News

タイラウンド、フリー走行1回目はロペスがリード

タイラウンド、フリー走行1回目はロペスがリード

31/10/2015 09:30

WTCCタイラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスが最速タイムを出した。

2位はヨコハマ・ドライバーズ選手権のタイトルを争うメフディ・ベナーニ。ロペスに0.299秒差だった。3位にはセバスティアン・ローブが入り、シトロエン勢がトップ3を独占している。4位と5位はノルベルト・ミケリスとガブリエル・タルキーニのホンダ勢。6位のニッキー・カツバーグが、ラーダ勢最速となった。

内耳の問題があることを明かしていたロペスだが、世界王者のペースに影響することはなかった。

トップ10は、そのほかにチアゴ・モンテイロ、ウーゴ・バレンテ、マ・チンホワ、ロブ・ハフとなった。なお、ニコラ・ラピエールがターン3でグラベルに入り、タイヤウォールに衝突したことで、フリー走行1回目は予定より2分早く終了している。

フリー走行1回目の順位はこちらをクリック。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。

...

03/12/2016 14:19 - 2016

2日にFIA授賞式でWTCCでの3連覇を正式に表彰された翌日、ホセ・マリア・ロペスはニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ・ベストドライバー・トロフィーを受賞した。ロペスは今季、伝説のトラックで2連勝を飾っている。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。