Back

News

タイラウンド、フリー走行2回目はチルトンがトップ

タイラウンド、フリー走行2回目はチルトンがトップ

31/10/2015 12:05

ブリラムのチャーン国際サーキットで行われたWTCCタイラウンドのフリー走行2回目は、トム・チルトンが最速タイムを出した。

30℃をわずかに下回る気温の中、チルトンは全長4.555キロのサーキットで1分38秒881というタイムを出した。

ヨコハマ・ドライバーズ選手権のタイトルを争うチルトンは、「ミドルセクターが素晴らしかった」と述べた。あそこはすべてのコーナーがあり、とてもテクニカルなんだ。ここまで、ダンパーやクラッチなどマシンに問題があった。フリー走行の2回目まで、マシンが良い状態で走れたのは、2周だけだったんだ。それに、まだサーキットを学んでいるところだった。でも、できるだけハードにプッシュして、1位になれたんだ。次はこれを予選でも続けなければいけない」。

2位はホンダのガブリエル・タルキーニで、チルトンとは0.078秒差。同じくホンダのノルベルト・ミケリス、チアゴ・モンテイロが続いている。シトロエン勢ではメフディ・ベナーニがトップで5位。ウーゴ・バレンテ、ジョン・フィリッピ、ホセ・マリア・ロペス、セバスティアン・ローブ、グレゴワール・ドゥムースティエ、マ・チンホワ、ラーダのロブ・ハフが続いている。上位12名までが1秒差にひしめく結果となった。

WTCCタイラウンドは1日に予選から再開される。

フリー走行2回目の順位はこちらをクリック。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。