Back

News

タイラウンド、フリー走行2回目はチルトンがトップ

タイラウンド、フリー走行2回目はチルトンがトップ

31/10/2015 12:05

ブリラムのチャーン国際サーキットで行われたWTCCタイラウンドのフリー走行2回目は、トム・チルトンが最速タイムを出した。

30℃をわずかに下回る気温の中、チルトンは全長4.555キロのサーキットで1分38秒881というタイムを出した。

ヨコハマ・ドライバーズ選手権のタイトルを争うチルトンは、「ミドルセクターが素晴らしかった」と述べた。あそこはすべてのコーナーがあり、とてもテクニカルなんだ。ここまで、ダンパーやクラッチなどマシンに問題があった。フリー走行の2回目まで、マシンが良い状態で走れたのは、2周だけだったんだ。それに、まだサーキットを学んでいるところだった。でも、できるだけハードにプッシュして、1位になれたんだ。次はこれを予選でも続けなければいけない」。

2位はホンダのガブリエル・タルキーニで、チルトンとは0.078秒差。同じくホンダのノルベルト・ミケリス、チアゴ・モンテイロが続いている。シトロエン勢ではメフディ・ベナーニがトップで5位。ウーゴ・バレンテ、ジョン・フィリッピ、ホセ・マリア・ロペス、セバスティアン・ローブ、グレゴワール・ドゥムースティエ、マ・チンホワ、ラーダのロブ・ハフが続いている。上位12名までが1秒差にひしめく結果となった。

WTCCタイラウンドは1日に予選から再開される。

フリー走行2回目の順位はこちらをクリック。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。