Back

News

タイラウンド、レース1はロペスが制す WTCC連覇(※)

タイラウンド、レース1はロペスが制す WTCC連覇(※)

01/11/2015 11:03

ホセ・マリア・ロペスがWTCCタイラウンドのレース1で勝利し、2年連続2回目のWTCCタイトルを獲得した。(※)

ロペスはスタートからリードし、シトロエンのチームメートであるセバスティアン・ローブからのプレッシャーに耐え、2015年9勝目となる勝利を収めた。シトロエンはマ・チンホワや、ヨコハマ・ドライバーズ選手権の中で勝利したメフディ・ベナティアと、トップ4を独占している。

ガブリエル・タルキーニは12位スタートから5位フィニッシュ。最後列からスタートしたラーダのロブ・ハフが続いた。

ブリラムのチャーン国際サーキットで開催されたドラマチックなバトルで、タイトル争いでロペスのライバルだったイヴァン・ミュラーは、1周目にリタイヤした。レースは複数のマシンが2度衝突したが、ミュラーはその一台だった。衝突により、セーフティーカーも導入された。

※結果はすべてFIAの正式承認待ち

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。