Back

News

タイラウンドへの戦術を考えるタルキーニ

タイラウンドへの戦術を考えるタルキーニ

22/10/2015 12:00

ガブリエル・タルキーニは来週開催されるWTCCタイラウンドへの戦術アプローチを考えている。

2009年のWTCCを制したイタリア人ドライバーは、先月の上海ラウンドでロブ・ハフとクラッシュしたことにより、11月1日にチャーン国際サーキットで開催される11ラップのレース1で、5グリッドのペナルティーを科される。

そのため、カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのドライバーは、ブリラムでの勝利に向けて最善のチャンスを手にするために、リバースグリッドのレース2でポールポジションを獲得すべく、予選で10番手になることを狙っているようだ。

タルキーニは「僕らはシトロエンとの差を埋めてきた。ウェイト調整の差が20キロだということを考えても、僕らは彼らからそう離れていない」と述べた。「でも、グリッドペナルティーによって、おそらく僕はレース2をターゲットにすると思う」。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。