Back

News

タルキーニ、タイラウンドで新記録樹立

タルキーニ、タイラウンドで新記録樹立

03/11/2015 12:00

ガブリエル・タルキーニは、WTCCタイラウンドでの表彰台の座を失うかもしれない。だが、カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカーチームのエースは、レース2での見事なレースで記録を更新している。

ホンダ・シビックWTCCをドライブするイタリア人ドライバーは、レース2で1分39秒275という最速タイムを出した(平均時速165.1キロ)。チャーン国際サーキットにおけるツーリングカードライバーの最速となるタイムだ。元WTCCレーサーのジャンニ・モルビデッリが前週打ち立てた1分44秒121というタイムを上回った。

だが、タルキーニがそれだけのタイムを出したものの、栄冠はシトロエンCエリーゼで1分37秒916というタイムを出してポールポジションを獲得し、WTCC新王者(※)となったホセ・マリア・ロペスに渡った。

※結果はすべてFIAの正式承認待ち

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。