Back

News

タルキーニ、マラケシュのサーキットは「クジのよう」

タルキーニ、マラケシュのサーキットは「クジのよう」

22/03/2015 23:59

ガブリエル・タルキーニは、ムーレイ・エル・ハッサン・サーキットがいかに厳しく、来月のWTCCモロッコラウンドがどうなるかは分からないと話している。

マラケシュにある全長4624キロのトラックは、ウォールに囲まれたストレートと、ターン、厄介な縁石が特徴。第3戦と第4戦の予想は難しいだろう。

2009年のWTCC王者で現在はカストロール・ホンダでドライブするタルキーニは、「マラケシュのストリートサーキットは縁石が高く、まるでクジのようなんだ」と語った。

タルキーニは2009年と2013年に2位となり、2010年にはレースを制すなど、マラケシュで多くの成功を収めてきた。だが、昨季は練習セッションでジャンニ・モルビデッリと激しく衝突し、ホンダ・シビックが大きく損傷。その後は参戦できなかった。

モロッコラウンドは4月17日から19日まで開催。多くの新世代TC1マシンが登場する。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。