Back

News

タルキーニ、マラケシュのサーキットは「クジのよう」

タルキーニ、マラケシュのサーキットは「クジのよう」

22/03/2015 23:59

ガブリエル・タルキーニは、ムーレイ・エル・ハッサン・サーキットがいかに厳しく、来月のWTCCモロッコラウンドがどうなるかは分からないと話している。

マラケシュにある全長4624キロのトラックは、ウォールに囲まれたストレートと、ターン、厄介な縁石が特徴。第3戦と第4戦の予想は難しいだろう。

2009年のWTCC王者で現在はカストロール・ホンダでドライブするタルキーニは、「マラケシュのストリートサーキットは縁石が高く、まるでクジのようなんだ」と語った。

タルキーニは2009年と2013年に2位となり、2010年にはレースを制すなど、マラケシュで多くの成功を収めてきた。だが、昨季は練習セッションでジャンニ・モルビデッリと激しく衝突し、ホンダ・シビックが大きく損傷。その後は参戦できなかった。

モロッコラウンドは4月17日から19日まで開催。多くの新世代TC1マシンが登場する。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。