Back

News

トップ5フィニッシュに満足のタルキーニ

トップ5フィニッシュに満足のタルキーニ

05/11/2015 22:00

ガブリエル・タルキーニは先週末のタイラウンドで、トップ5フィニッシュのためにその経験と気迫のすべてを出した。

タルキーニはレース1で15位スタートから5位フィニッシュ。レース2でも10位スタートからやはり5位フィニッシュした。

2009年王者でもあるカストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカーチームのドライバーは、「予選はひどかったけど、多くのポイントを獲得できた」と述べた。「レース1で後方からスタートしての5位フィニッシュは、非常に良かったね。最初のアクシデントではラッキーだった。僕のすぐそばで起きて、次のアクシデントもあったけど、僕は両方とも避けることができ、順位を大きく上げることができたからね」。

「レース2ではマシンがとても素晴らしかった。(ホセ・マリア・)ロペスを2回オーバーテイクしたよ。でも、彼は僕を3回抜いたけどね! (トム・)チルトンやマ(・チンホワ)と良いバトルができた。最終的にはポイントを獲得できたし、満足しているよ」。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。