Back

News

ドゥムースティエにはポテンシャルがあると信じるセバスティアン・ローブ・レーシング

ドゥムースティエにはポテンシャルがあると信じるセバスティアン・ローブ・レーシング

08/12/2015 16:00

セバスティアン・ローブ・レーシングの共同オーナーであるドミニク・アンツは、新戦力のグレゴワール・ドゥムースティエにWTCCで活躍するポテンシャルがあると信じている。

セバスティアン・ローブ・レーシングは2016年に向け、シトロエンCエリーゼをドライブするメフディ・ベナーニや3人目のパートナーとして、ライバルのクラフト・バンブー・レーシングからドゥムースティエを獲得した。

アンツは「より多くのマシンを投入することで、WTCCでのプロジェクトを発展させたかった。でも、フランス人ドライバーでそれを実現したかったんだ。だからドゥムースティエなんだよ。彼をチームに迎え入れることができて、我々はうれしく思っている。彼は若いかもしれないが、良い経験を積んでいる。特にGTや、最近でのWTCCでね」と述べている。

「彼のプロフィールは興味深い。彼には真のポテンシャルがあるからだ。エキスパートがそろう競争での1年目だったことを考えれば、彼は素晴らしいパフォーマンスだった。我々はこれから彼をサポートする。彼が向上し、より高くを目指せるようにね。彼は野心的だからだ。メフディとグレゴワールはそれぞれ異なるドライバーだ。彼らとともに、我々は素晴らしい結果を成し遂げる。これから我々には輝くためのチャンスが2つある。そして近い未来、3つ目のチャンスも手に入れたい」。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、見事なタイムを出したホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。

...

27/05/2016 08:00 - 2016

ホンダ・レーシング・チーム・JASとゼングー・モータースポーツの計4台が、WTCCハンガリーラウンドとモロッコラウンドの結果から除外されることになった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。