Back

News

ナセル・アル・アティヤがWTCCカタールラウンドに参戦

ナセル・アル・アティヤがWTCCカタールラウンドに参戦

22/10/2015 17:00

ラリーでタイトルを獲得し、オリンピックでメダリストとなったナサール・アル・アティヤが、来月WTCCを初開催する母国カタールの地で、WTCCに参戦することとなった。

44歳のカタール人ドライバーは、過酷なダカールラリーを2度制しており、先週末にはFIA中東ラリー選手権で11回目の勝利を挙げた。今月上旬には、クロスカントリーラリーでも2度目の勝利を収めている。

ユニセフの大使でもあるアル・アティヤは、スキート射撃でもアジアの地で多くの成功を収めている。3年前には、2012年ロンドンオリンピックで銅メダルも獲得した。

WTCCカタールラウンドは11月26日から27日、ドーハ近郊のロサイル国際サーキットで開催される。選手権初のナイトレースだ。アル・アティヤは、かつてのチームメートでWRCを競うセバスティアン・ローブを含む18名のドライバーたちと競うことになる。ローブは2014年にWTCCに転向し、3勝を挙げてタイトル争いに残っている。

カンポス・レーシングでジョン・フィリッピ、ウーゴ・バレンテとともに、シボレーRMLクルーズTC1をドライブするアル・アティヤは、「母国カタールでの初のWTCCで、国を代表できるのは本当に名誉なことだ」と述べた。「カタールはモトGPの開催で何年も成功している。FIA世界選手権の開催は、スポーツ面での国の評価を高めてくれるに違いない。WTCCがカタールに来ると知ったときは誇らしかったけど、自分がそこに加わることになって、さらに誇りに思うよ。ただ、学ぶべきことや慣れるべきことはたくさんあるだろうね。サーキットレースはあまり経験ないし、前輪駆動のマシンは初めてだからだ。競っていきたいけど、目標はライバルたちとの違いを見せることだろう。僕は中東モータースポーツのアンバサダーなんだ。モータースポーツ界におけるカタールの立場をさらに際立たせられるように、全力を尽くす」。

FIA副会長でQMMF会長のナセル・ハリファ・アル・アトヤ氏は、「ここカタールでWTCCを初開催できること、初のナイトレースを開催できることを、我々はうれしく思っている。我々の国で最も有名なスポーツ界のスターの一人が、異なるモータースポーツの舞台で再び国を代表して参戦できるのは素晴らしいことだ」と述べている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、「WTCCにとって初の中東訪問かつ初のナイトレースで、アル・アティヤをWTCCファミリーに歓迎できて、非常にうれしい。彼のプロフィールやスポーツでの経歴は見事なものだ。母国でのWTCCデビューという我々の招待を彼が受け入れてくれて、本当に名誉なことだよ。彼は素晴らしい気質の持ち主で、真のアンバサダーだ。我々は彼との仕事を楽しみにしている。彼が参戦することで、ファンやメディアの関心も高まるはずだ」。

写真はMINI Motorsport Communications

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。