Back

News

バレンテ、ニュルブルクリンクでの活躍でゴールデンホイール受賞

バレンテ、ニュルブルクリンクでの活躍でゴールデンホイール受賞

03/12/2015 23:30

WTCCで躍進中の若手ウーゴ・バレンテが、5月のニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのWTCCドイツラウンドの予選で見事なラップを見せたことで、初開催となる『AUTO BILD』のゴールデンホイール賞を受賞した。

ドイツの主要メディアである『AUTO BILD』、レースオーガナイザーの『ADAC Nordrhein』、ドイツモータースポーツ連盟DMSB、WTCCのプロモーターである『ユーロスポーツ・イベンツ』の代表者たちによる選考で、バレンテが選出された。

カンポス・レーシング・シボレーの23歳は、「大きな意味がある。とてもうれしいし、このトロフィーは必ず家のリビングに飾るよ」と述べた。「でも、ニュルブルクリンクだけのこと以上であり、シーズン全体へのトロフィーとして受け止める。僕は何度か間違えて評価されたからね。不運もあった。何度かミスもした。完璧なシーズンだったと言っているんじゃない。でも、予選でこれだけの平均結果を出し、シトロエン勢以外で初めてだったから、それをとてもうれしく思っている」。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。