Back

News

バレンテ、ニュルブルクリンクでの活躍でゴールデンホイール受賞

バレンテ、ニュルブルクリンクでの活躍でゴールデンホイール受賞

03/12/2015 23:30

WTCCで躍進中の若手ウーゴ・バレンテが、5月のニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのWTCCドイツラウンドの予選で見事なラップを見せたことで、初開催となる『AUTO BILD』のゴールデンホイール賞を受賞した。

ドイツの主要メディアである『AUTO BILD』、レースオーガナイザーの『ADAC Nordrhein』、ドイツモータースポーツ連盟DMSB、WTCCのプロモーターである『ユーロスポーツ・イベンツ』の代表者たちによる選考で、バレンテが選出された。

カンポス・レーシング・シボレーの23歳は、「大きな意味がある。とてもうれしいし、このトロフィーは必ず家のリビングに飾るよ」と述べた。「でも、ニュルブルクリンクだけのこと以上であり、シーズン全体へのトロフィーとして受け止める。僕は何度か間違えて評価されたからね。不運もあった。何度かミスもした。完璧なシーズンだったと言っているんじゃない。でも、予選でこれだけの平均結果を出し、シトロエン勢以外で初めてだったから、それをとてもうれしく思っている」。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。