Back

News

バレンテ、レース1で2度目の表彰台

バレンテ、レース1で2度目の表彰台

30/11/2015 12:00

WTCCで高く評価されるウーゴ・バレンテは、11月27日のWTCC DHLカタールラウンドで個人的な勝利を挙げたと述べている。

カンポス・レーシングでドライブする23歳のバレンテは、ロサイル国際サーキットでのレース1でトップ3フィニッシュを飾った。2015年シーズンのレース1で、シトロエン勢以外で表彰台に2度立ったのは、ノルベルト・ミケリス、ガブリエル・タルキーニとともに3人目だ。バレンテの今季の力とその才能を示したと言える。

5月のハンガロリンクでのレース1でも3位に入ったバレンテ。中東でのレース2を6位で終えた彼は、「難しいレースだったけど、2つとも素晴らしい結果を出せた。マシンを良くしてくれ、正しいペースにしてくれたRMLに感謝している。ここでのオーバーテイクは難しかった。最初はうまくスタートできないことを恐れていたけど、2レースともうまくいったよ。レース1で表彰台に2回立てたことはうれしい」と述べた。

最近は中国とタイでのラウンドでフィニッシュできなかったバレンテだけに、カタールでの復活はそのフラストレーションも払しょくしたことだろう。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。