Back

News

バンコクでのタイラウンドの会見は報道陣が殺到

バンコクでのタイラウンドの会見は報道陣が殺到

16/10/2015 19:41

初開催のWTCCタイラウンドが16日、首都バンコクでの記者会見で正式にローンチされた。

タイのスポーツ局長や観光・スポーツ大臣、WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表、チャーン国際サーキットのディレクターが出席した会見には、75を上回る地元メディアが集まった。

リベイロ氏は「我々がタイを選んだのは、多くの観点からこの国のポテンシャルを感じたからだ。我々は、タイでの初のレースが素晴らしく始まり、タイの人々をもっとモータースポーツファンにできると確信している」と述べた。

WTCCデビューを飾る地元の英雄ティン・スリトライも、記者会見に出席した。

2015年シーズンの最後から2番目となるラウンドのWTCCタイラウンドは、10月31日から11月1日までブリラムのチャーン国際サーキットで開催される。タイの王国自動車協会がイベントを運営する。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。