Back

News

ホンダ、タイラウンドのレース2におけるモンテイロ失格に異議申し立て

ホンダ、タイラウンドのレース2におけるモンテイロ失格に異議申し立て

02/11/2015 14:00

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームは、ホンダ・レーシング・チームJASを通じ、WTCCタイラウンドのレース2でチアゴ・モンテイロのタイムが除外になったことに対し、異議を申し立てることを認めた。

モンテイロはレース2で2015年の3勝目を祝っていたが、シビックWTCCの左側の最低地上高が60ミリに達していないことが分かり、失格となった。

声明では「カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームは、誠意を示すために異議を申し立てた。地上高の件はレース1でのアクシデントによるもので、シビックWTCCはそのために大きなダメージを負っている。レース2に間に合うように、チームは必要なチェックをすべて行った」とされている。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのアレッサンドロ・マリアーニ代表は、「見事なレースをしたチアゴを気の毒に思う。レース2までの短時間でマシンを修復すべく、チームは全力を尽くした。もちろん、リペア後に地上高のチェックもしたが、完璧だった。我々は、チアゴがこの勝利に値すると考える。決定に異議を申し立てているところだ。違反はレース1でのダメージによるものであり、意図的にルールを間違ったわけではないからだ。FIA国際控訴委員会に提示するために、我々の善意を示す証拠を集めたい」と述べた。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。