Back

News

ホンダのモンテイロ、シーズンを通じたパフォーマンスに手ごたえ

ホンダのモンテイロ、シーズンを通じたパフォーマンスに手ごたえ

11/12/2015 16:00

チアゴ・モンテイロは2015年シーズンで何度か失敗に苦しんだものの、良いパフォーマンスを見せたレースもあったと述べている。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームでガブリエル・タルキーニのパートナーだったモンテイロは、ホンダの本拠地である日本・ツインリンクもてぎでのレースなど、3勝を挙げている。

9月の日本でWTCCでの200戦目を飾ったポルトガル人ドライバーは、「シーズンを通じて僕らは進化を見せてきた。何度か失敗はあったけど、僕らは3勝したんだ。だから、シーズン全体のパフォーマンスには満足できる」と述べた。

2015年初勝利となったロシアラウンドがハイライトだったモンテイロだが、母国ポルトガルやタイでは落胆することになった。ヴィラ・レアルではスタートでクラッシュし、母国での勝利という希望を打ち砕かれ、チャーン国際サーキットでのレース2では、シビックWTCCがレース後の検査で失格となり、勝利が取り消されている。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。

セバスティアン・ローブ・レーシングのエンジニアであるジャン=フィリップ・ニコラオは、チームにとって厳しい結果となったマラケシュでのレースに言い訳はないと述べた。

イヴァン・ミュラーは、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのレースに臨む前に時間が必要だと認めている。