Back

News

ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデン、日本ラウンド欠場で次戦は中国

ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデン、日本ラウンド欠場で次戦は中国

10/09/2015 13:36

ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンは、中国ラウンドからWTCCでの戦いを再開する。今週末のJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドには参戦できなかった。

7月のOSCARO.com WTCCポルトガルラウンド予選で、ネストール・ジロラミがクラッシュし、ホンダ・シビックWTCCは大きな損傷を受けた。ジロラミは修復後にヴィラ・レアルでレースを戦うことができたが、マシンはその後のチェックで当初の見込み以上の損傷が発覚。チームの兵站日程に影響を及ぼし、欧州から日本に向かう期限に間に合わなかったのだ。

日本ではリカルド・リデルもWTCCに戻ってくるはずだった。だが、ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンがツインリンクもてぎでのレースから撤退し、リデルの復帰も数週間先延ばしとなる。

チーム代表の二クラス・カールション氏は「ホンダのホームでのラウンドというだけじゃなく、もちろん落胆しているよ」と述べた。「だが、ポルトガルでのクラッシュで選択肢はなかった。我々はスウェーデンのベースで仕事を続ける。中国での復帰を強く願っているよ」。

スポーツディレクターのステファン・リンドバーグ氏は、「残念ながら、ヴィラ・レアルの予選での損傷で、我々はリペアにさらなる時間をかけなければならなかった。それが、今週末の日本に我々がいない主な理由だ。ポルトガルは我々にとってこれまでで最も良い週末だった。ベストレースだった。予選で結果を残し、フリー走行では3番目に速かったんだ。みんなが本当に良い仕事をしている。今後のレースでもっとうまくやれるはずだと確信している。まずは上海からね」。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。