Back

News

マカオ、テスト走行はミケリスがトップ

マカオ、テスト走行はミケリスがトップ

13/11/2014 11:06

WTCCのドライバーたちは13日、マカオラウンドのオープニングセッションに臨んだ。

30分間のテストセッションは、まずホンダ勢が登場。メフディ・ベナーニがセッションの大半をリードしたが、最終的にはノルベルト・ミケリスが最速タイムをたたき出した。

ベナーニは最初のラップで2分34秒377というタイムを出したが、直後にWTCCの舞台へ戻ってきたペペ・オリオラが、初のTC1マシンでのトライで2分34秒121というタイムを出す。

セッションの中盤、ベナーニは2分30秒799から2分29秒388と立て続けにタイムを更新してトップの座を奪い返した。

シトロエン勢は非常に慎重な姿勢を見せたが、イヴァン・ミュラーがタイムを伸ばし、2分27秒954という数字を出す。2013年の王者と同じペースを見せたのは、ミケリスだけだった。2分27秒969と暫定2位に続く。

だが、ミケリスはここからさらにタイムを伸ばし、2分27秒708という記録を残した。

王者に輝いたばかりのホセ・マリア・ロペスは2分28秒533というタイムで3位に入っている。

シボレー勢ではオリオラが7位(2分30秒123)と最高。ラーダではロブ・ハフが12位(2分30秒952)。チームメートのミハイル・コズロフスキーは序盤にトラック上で止まってしまい、リペアのためにピットインを強いられた。

TC2Tクラスでは、フランツ・エングストラーが2分41秒323と最速タイムを出し、チームメートのフィリペ・デ・ソウザを上回った。セッションの序盤にエングストラー勢はウォールにぶつかっている。

 

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。

来月のアルゼンチンラウンドを前に、ロブ・ハフはテルマス・デ・リオ・オンドのサーキットを「美しいトラック」と評している。