Back

News

マ・チンホワ、故郷でのWTCCは幸運ゼロ

マ・チンホワ、故郷でのWTCCは幸運ゼロ

01/10/2015 08:00

先週末のROSNEFT WTCC中国ラウンド、マ・チンホワは故郷上海でのレースで幸運に恵まれなかった。

シトロエンのマは2015年シーズン初のフロントローを予選で獲得。レースでも勝利が期待されていた。だが、ドライブシャフトのトラブルでスロースタートとなり、レース1でリタイヤを余儀なくされている。

WTCCで2勝のマは、「残念ながらマシンはうまくいかなかった」と述べた。「あのときは、ストールするとは思わなかったよ。練習ではすべてOKだったからね。マシンがなぜうまくいかなかったのか、分からない。レースでドライブシャフトが壊れ、僕らは何もできなかった。それで僕はリペアに戻ることになったんだ」。

レース2では8位フィニッシュとなり、ドライバーズ選手権では4位の座を維持している。だが、彼はまったく満足していない。

マは「レース2はOKだった。ベストではないけどね。僕らはまだセットアップの向上が必要だからだ」と述べている。「8、9周して、タイヤが苦しみだした。それで僕はペースを失ったんだ。レースに向けてベストのセットアップじゃなかった」。

故郷での週末がフラストレーションのたまるものとなってしまったマだが、シトロエンは2年連続でWTCCのマニュファクチャラー選手権を制している(※)。

※結果はFIAの公式承認待ち

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。