Back

News

ミュラー「WTCCで5度目のタイトルを目指すために再契約した」

ミュラー「WTCCで5度目のタイトルを目指すために再契約した」

10/12/2015 10:00

イヴァン・ミュラーはWTCCでの5連覇という記録に挑むために、来季に向けてシトロエンと再契約したと述べた。

2008年に初優勝したミュラーだが、2014年と2015年はタイトルの数を増やすことができなかった。シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスが見事な調子で、2年で20レースを制して連覇を果たしたからだ。

2シーズン連続で2位となったミュラーは、「(5度目のタイトルを)考えていなければ、再契約していなかっただろう。だから当然、そこにモチベーションを感じている」と述べた。

だが、46歳のミュラーは、5度目のタイトルが必ず手に入るわけではないとも認識している。

WTCCで47勝を挙げているミュラーは、「ホセは速い。自信にあふれており、2年にわたってベストドライバーだった。だから、タフな戦いになるだろうね」と述べている。「でも、僕は最後まで挑戦したい」。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。