Back

News

モンテイロ、すべてに勝つことは不可能と学ぶ

モンテイロ、すべてに勝つことは不可能と学ぶ

30/09/2015 08:00

チアゴ・モンテイロは、日本での勝利に続くROSNEFT WTCC中国ラウンドでレースを制覇できなかったことに落胆していない。

ホンダ・シビックWTCCが40キロのウェイト調整を科され、モンテイロは難しい予選となり、第19戦で後方からのスタートとなったが、最終的には7位でフィニッシュした。

さらにレース2では6位フィニッシュとなり、中国では14ポイントを獲得。ドライバーズ選手権で4位となる可能性を残している。

モンテイロは「難しい週末になるのは分かっていた。だから、予選は悪かった。でも、シビックはまた本当にレースでは速いことを示したね」と述べた。「少し運にも恵まれて、僕は後方からのスタートだったのに、両レースで勝ち点を得ることができた。このレースで、僕らはマシンのどこを改善できるかも分かったから、うれしいよ」。

また、カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのトップであるアレッサンドロ・マリアーニ氏は、モンテイロとチームメートのガブリエル・タルキーニを称賛した。「我々は予選で正しいセットアップを見つけることができなかった。だが、レースでは非常にうまくいったね。私は本当にドライバーたちを誇りに思う。彼らは素晴らしい仕事をした」。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、見事なタイムを出したホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。

...

27/05/2016 08:00 - 2016

ホンダ・レーシング・チーム・JASとゼングー・モータースポーツの計4台が、WTCCハンガリーラウンドとモロッコラウンドの結果から除外されることになった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。