Back

News

ヨコハマ・ドライバーズ選手権のタイトルを逃すも、笑顔のベナーニ

ヨコハマ・ドライバーズ選手権のタイトルを逃すも、笑顔のベナーニ

01/12/2015 22:00

WTCCカタールラウンドで、ノルベルト・ミケリスとのヨコハマ・ドライバーズ選手権のタイトル争いに敗れたメフディ・ベナーニだが、笑顔でいるだけの理由はそろっていると述べた。

モロッコ出身のベナーニは、シーズン最後のレースまでにミケリスとの差を2ポイントまで縮めた。だが、ミケリスの最後の勝利で、ベナーニはわずか4ポイント差でタイトル逃すこととなった。

ベナーニは「もちろん、とても満足している。最後の2レースまで、タイトル争いでこれほど接戦できるとは思っていなかったからね」と述べている。「ノルビ(ミケリス)はとても速いし、才能のあるドライバーだ。僕らの週末はほぼ完ぺきだった。最後まで表彰台を争ったからね。ノルビも素晴らしい週末の仕事だった。僕らはいくつかのポイントを獲得したけど、タイトルには届かなかったね。でも、チームは僕がマシンを学び、より速く、よりうまくドライブするために学ぶ助けとなってくれた。それをすごくうれしく思っている。今後も僕らはここにいると思う」。

ベナーニは2016年シーズンに向けて、セバスティアン・ローブ・レーシングと再び契約。シトロエンCエリーゼWTCCで名誉を目指す。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。