Back

News

ヨコハマ・ドライバーズ選手権の激しいタイトル争い

ヨコハマ・ドライバーズ選手権の激しいタイトル争い

17/03/2015 13:11

WTCCは最終的な名誉を争うだけではない。ヨコハマ・ドライバーズ選手権のトロフィー争いも注目だ。

2レースを終えて、ノルベルト・ミケリスが18ポイントでトップに立っている。メフディ・ベナーニとトム・チルトンが3ポイント差で2位タイだ。

ミケリスはアルゼンチンでの2レースのうち、第1レースを制した。ベナーニは第2レースを制している。チルトンは両レースでそれぞれ表彰台に立った。

また注目は、この3名がそれぞれ異なるタイプのマシンを使っていることだ。ミケリスはホンダ・シビックWTCC、ベナーニはシトロエンCエリーゼWTCC、そしてチルトンがシボレーRMLクルーズTC1である。

ヨコハマ・ドライバーズ選手権の次の戦いは、モロッコラウンド。4月17日から19日までマラケシュで開催される。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。