Back

News

ラピエール、中国で厳しさも経験

ラピエール、中国で厳しさも経験

07/10/2015 08:00

先月ROSNEFT WTCC中国ラウンドが開催された上海国際サーキットのトラックはなめらかだったかもしれない。だが、ニコラ・ラピエールにとって、トラックでの戦いは少し厳しいものとなった。

フランス人ドライバーはラーダ・スポーツ・ロスネフチでWTCCでの2戦目に挑んだ。戦いを終え、ラピエールは中国ラウンドを振り返っている。

ラピエールは「とてもタフだったよ」と述べた。「フリー走行でもマシンに問題があったし、レースでも厳しかった。(トム・)チルトンがどこから来て、僕のマシンの後部を壊したんだ。幸いにも僕は(ノルベルト・)ミケリスと素晴らしいレースをしてフィニッシュすることができた。でも、WTCCでの2度目の週末でさらにポイントを獲得できたのはうれしいよ」。

ラピエールはレース1で7位に入ったが、その後の検査でラーダ・ベスタのターボが制限を超えていたことが判明し、ファイナルリストから外された。だが、レース2で9位フィニッシュしたことで、ドライバーズ選手権で6ポイントと16位につけ、10月31日から11月1日に開催されるタイラウンドに臨む。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。