Back

News

ラピエール、中国で厳しさも経験

ラピエール、中国で厳しさも経験

07/10/2015 08:00

先月ROSNEFT WTCC中国ラウンドが開催された上海国際サーキットのトラックはなめらかだったかもしれない。だが、ニコラ・ラピエールにとって、トラックでの戦いは少し厳しいものとなった。

フランス人ドライバーはラーダ・スポーツ・ロスネフチでWTCCでの2戦目に挑んだ。戦いを終え、ラピエールは中国ラウンドを振り返っている。

ラピエールは「とてもタフだったよ」と述べた。「フリー走行でもマシンに問題があったし、レースでも厳しかった。(トム・)チルトンがどこから来て、僕のマシンの後部を壊したんだ。幸いにも僕は(ノルベルト・)ミケリスと素晴らしいレースをしてフィニッシュすることができた。でも、WTCCでの2度目の週末でさらにポイントを獲得できたのはうれしいよ」。

ラピエールはレース1で7位に入ったが、その後の検査でラーダ・ベスタのターボが制限を超えていたことが判明し、ファイナルリストから外された。だが、レース2で9位フィニッシュしたことで、ドライバーズ選手権で6ポイントと16位につけ、10月31日から11月1日に開催されるタイラウンドに臨む。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。