Back

News

ラーダ、WTCCベスタは「大きく前進」

ラーダ、WTCCベスタは「大きく前進」

09/12/2015 16:00

ラーダ・スポーツ・ロスネフチの代表を務めるビクター・シャポバロフは、2016年に向けてチームの新型ベスタTC1が「大きな前進」を遂げたと話している。

WTCCで今季勝てなかったラーダだが、ロブ・ハフは表彰台に2回立ち、ニッキー・カツバーグはWTCC DHLカタールラウンドでQ3に進んだ。

シャポバロフは「新型ベスタの投入シーズンとしては成功だった。チーム、エンジニア、設計者、ドライバーと、全員で誇っている」と述べた。「マシンは大きく前進した。我々は2016年のWTCCに向けてさらに大きく前進できることを期待している」。

ラーダは来年、ロシアでのベスタ販売数を増やしたいと望んでおり、欧州全土での新マシンの販売も始める。ベスタTC1のアップグレード版でWTCCに臨むことは、マーケットにもつながるだろう。

上海国際サーキットでのWTCC中国ラウンドの予選で苦しんだチアゴ・モンテイロは、レースも厳しい戦いになると予想している。

ホンダが2017年もWTCCに参戦することを決定した。シビックで新たな栄光を目指す。

上海国際サーキットで行われたWTCC中国ラウンドのMAC3は、ホンダが勝利を収めた。

...

24/09/2016 10:03 - 2016

WTCC中国ラウンドの予選でホセ・マリア・ロペスがポールポジションを獲得した。シトロエンは暫定ながらマニュファクチャラーズ選手権のタイトルを手にしている。(*)

中国ラウンドのフリー走行2回目は、ポールスター・シアン・レーシングのフレデリク・エクブロムが最速タイムを出した。

全長4.603キロの上海国際サーキットで開催されたWTCC中国ラウンドのフリー走行1回目は、ボルボS60ポールスターTC1を走らせるテッド・ビョルクが最速タイムを出した。