Back

News

ラーダ、WTCCベスタは「大きく前進」

ラーダ、WTCCベスタは「大きく前進」

09/12/2015 16:00

ラーダ・スポーツ・ロスネフチの代表を務めるビクター・シャポバロフは、2016年に向けてチームの新型ベスタTC1が「大きな前進」を遂げたと話している。

WTCCで今季勝てなかったラーダだが、ロブ・ハフは表彰台に2回立ち、ニッキー・カツバーグはWTCC DHLカタールラウンドでQ3に進んだ。

シャポバロフは「新型ベスタの投入シーズンとしては成功だった。チーム、エンジニア、設計者、ドライバーと、全員で誇っている」と述べた。「マシンは大きく前進した。我々は2016年のWTCCに向けてさらに大きく前進できることを期待している」。

ラーダは来年、ロシアでのベスタ販売数を増やしたいと望んでおり、欧州全土での新マシンの販売も始める。ベスタTC1のアップグレード版でWTCCに臨むことは、マーケットにもつながるだろう。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。