Back

News

ラーダ、WTCC最終ラウンドでウェイト調整

ラーダ、WTCC最終ラウンドでウェイト調整

17/11/2015 14:00

ラーダ・ベスタのファクトリードライバー3名が、2015年のシーズン最終ラウンドとなる来週のWTCCカタールラウンドで、10キロのウェイトをつけることとなった。

シトロエンCエリーゼとホンダ・シビックWTCCは、それぞれ60キロに40キロのウェイト調整で変わらない。だが、ニッキー・カツバーグとロブ・ハフ、そしてニコラ・ラピエールのラーダは、26日から27日に行われるWTCC初のナイトレースで10キロのウェイトをつけることになる。

一方、カタールで7台が投入されるシボレーRMLクルーズTC1は、ウェイトなしで続けることとなった。

TC1の全4種は、WTCC開幕戦のアルゼンチンラウンドで60キロのウェイトをつけた。その後はレースごとのパフォーマンスを基準に、競争が均衡されるようにウェイト調整がされている。

WTCCカタールラウンドでのウェイト調整リストはこちらをクリック。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。

ヴィラ・レアルで行われたWTCCポルトガルラウンドのフリー走行2回目は、ホセ・マリア・ロペスが制してホンダの独壇場に終止符を打った。

WTCCポルトガルラウンド最初のフリー走行は、ホンダのファクトリードライバーたちがトップ3を独占した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのテスト走行は、ホンダのエース、ノルベルト・ミケリスが最速タイムを出した。