Back

News

ラーダのハフが過去に戻る

ラーダのハフが過去に戻る

21/12/2014 21:39

ラーダ・スポーツのWTCCレーサーであるロブ・ハフは、ラーダ・スポーツ・ベスタからクラシカルなフォード・カプリにマシンを代えて、3月21日と22日に行われる第73回グッドウッド・メンバーズ・ミーティングに参戦する。

2012年のWTCC王者で、2014年シーズンはラーダに初勝利をもたらしたハフは、「Gerry Marshal Trophy」の1970年~82年のツーリングマシンによるグループ1で、長年の友人であるリチャード・マインス氏が所有するカプリIII 3.0Sでレースを戦う。ハフは次のように話している。

「楽しみだよ。グッドウッドのフェスティバルとリバイバルには以前に参加している。トラックでも、それ以外でも、いつも本当に良い時間を過ごした。『Gerry Marshal Trophy』でローバーをドライブするはずだったけど、ラーダ・スポーツでのWTCC用のテストがあるんだ。だから、カプリで何ができるかを見てみよう。今年のリバイバルで、リチャードと僕はEタイプで力強く走った。だから、また同じようにやれることを願っている。でも、かつてないほどタフな競争になると確信しているよ」

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、見事なタイムを出したホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。

...

27/05/2016 08:00 - 2016

ホンダ・レーシング・チーム・JASとゼングー・モータースポーツの計4台が、WTCCハンガリーラウンドとモロッコラウンドの結果から除外されることになった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。