Back

News

ラーダのハフが過去に戻る

ラーダのハフが過去に戻る

21/12/2014 21:39

ラーダ・スポーツのWTCCレーサーであるロブ・ハフは、ラーダ・スポーツ・ベスタからクラシカルなフォード・カプリにマシンを代えて、3月21日と22日に行われる第73回グッドウッド・メンバーズ・ミーティングに参戦する。

2012年のWTCC王者で、2014年シーズンはラーダに初勝利をもたらしたハフは、「Gerry Marshal Trophy」の1970年~82年のツーリングマシンによるグループ1で、長年の友人であるリチャード・マインス氏が所有するカプリIII 3.0Sでレースを戦う。ハフは次のように話している。

「楽しみだよ。グッドウッドのフェスティバルとリバイバルには以前に参加している。トラックでも、それ以外でも、いつも本当に良い時間を過ごした。『Gerry Marshal Trophy』でローバーをドライブするはずだったけど、ラーダ・スポーツでのWTCC用のテストがあるんだ。だから、カプリで何ができるかを見てみよう。今年のリバイバルで、リチャードと僕はEタイプで力強く走った。だから、また同じようにやれることを願っている。でも、かつてないほどタフな競争になると確信しているよ」

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。