Back

News

ラーダのWTCCドライバーたちが本拠を訪問

ラーダのWTCCドライバーたちが本拠を訪問

08/12/2014 10:54

ラーダ・スポーツのWTCCドライバー、ロブ・ハフとミハイル・コズロフスキー、ジェームス・トンプソンが、9日にロシアのトリヤッチにあるラーダの本拠を訪問する。

3人のドライバーはボー・アンダーソン会長やチーフデザイナーのスティーブ・マッティン氏らとの会合に臨む。また、工場や、リサーチセンターも訪問し、2015年9月に大量生産が始まる新型ラーダ・ベスタの様子を見学する予定だ。ラーダ・ベスタは来年のWTCCでラーダの基本モデルとなる。

また、3人はメディアやファンにも対応予定。なお、ハフがトリヤッチを訪れるのは初めてのことだ。

2014年WTCCで、ラーダは大きな成功を収めた。ラーダ・グランタをドライブし、ハフが北京とマカオでのレースで勝利。アルゼンチンでも2位に入っている。ラーダの工場職員や地元ファンは、ドライバーたちを熱烈に歓迎するだろう。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。