Back

News

ラーダのWTCCドライバーたちが本拠を訪問

ラーダのWTCCドライバーたちが本拠を訪問

08/12/2014 10:54

ラーダ・スポーツのWTCCドライバー、ロブ・ハフとミハイル・コズロフスキー、ジェームス・トンプソンが、9日にロシアのトリヤッチにあるラーダの本拠を訪問する。

3人のドライバーはボー・アンダーソン会長やチーフデザイナーのスティーブ・マッティン氏らとの会合に臨む。また、工場や、リサーチセンターも訪問し、2015年9月に大量生産が始まる新型ラーダ・ベスタの様子を見学する予定だ。ラーダ・ベスタは来年のWTCCでラーダの基本モデルとなる。

また、3人はメディアやファンにも対応予定。なお、ハフがトリヤッチを訪れるのは初めてのことだ。

2014年WTCCで、ラーダは大きな成功を収めた。ラーダ・グランタをドライブし、ハフが北京とマカオでのレースで勝利。アルゼンチンでも2位に入っている。ラーダの工場職員や地元ファンは、ドライバーたちを熱烈に歓迎するだろう。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、見事なタイムを出したホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。

...

27/05/2016 08:00 - 2016

ホンダ・レーシング・チーム・JASとゼングー・モータースポーツの計4台が、WTCCハンガリーラウンドとモロッコラウンドの結果から除外されることになった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。