Back

News

ラーダのWTCCドライバーたちが本拠を訪問

ラーダのWTCCドライバーたちが本拠を訪問

08/12/2014 10:54

ラーダ・スポーツのWTCCドライバー、ロブ・ハフとミハイル・コズロフスキー、ジェームス・トンプソンが、9日にロシアのトリヤッチにあるラーダの本拠を訪問する。

3人のドライバーはボー・アンダーソン会長やチーフデザイナーのスティーブ・マッティン氏らとの会合に臨む。また、工場や、リサーチセンターも訪問し、2015年9月に大量生産が始まる新型ラーダ・ベスタの様子を見学する予定だ。ラーダ・ベスタは来年のWTCCでラーダの基本モデルとなる。

また、3人はメディアやファンにも対応予定。なお、ハフがトリヤッチを訪れるのは初めてのことだ。

2014年WTCCで、ラーダは大きな成功を収めた。ラーダ・グランタをドライブし、ハフが北京とマカオでのレースで勝利。アルゼンチンでも2位に入っている。ラーダの工場職員や地元ファンは、ドライバーたちを熱烈に歓迎するだろう。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。