Back

News

リデル、WTCCへの飢えは変わらず

リデル、WTCCへの飢えは変わらず

19/12/2014 18:25

FIA世界ツーリングカー選手権の舞台に戻ってきたリカルド・リデルは、ニカ・レーシング・ホンダ・シビックで迎える2015年シーズンに向け、飢えはまったく失っていないと話している。

47歳のリデルが最後にWTCCにフル参戦したのは、2009年シーズンのことだ。2014年は2度のレースにしか出場していない。だが彼は、WTCCへの飢えは変わっていないと主張している。

「再びフルシーズン参戦できるのは本当に素晴らしいことだ。とても良いプログラムだと思う。選手権を制覇できるとは思わないけど、競争力を保ち、表彰台に立つことができたらうれしいね。ガブリエル・タルキーニが、ほかのドライバーより少し年上でもやれるということを示してくれた。自分の中のモチベーション次第なんだ。一週間に4~7回のトレーニングをしている。もちろん、年とともに少し反応は鈍ってきたけど、経験で補えると思うんだ。それに、とても好調なんだよ」

「もっと若いときは勝利への飢えだけがある。でも、今でも自分はレースを楽しんでおり、再びそこに立とうという大きなモチベーションを感じているんだ。結果を出すことにまだハングリーなんだよ。それは変わっていない。5歳のときと同じなんだ。兄から言い続けられているんだよ。若いころから争ってきたなら、今でも同じだとね」

WTCC制覇5回のリデルは、3月6~8日にアルゼンチンで開幕するシーズンに向け、1月末にニカ・レーシング・ホンダ・シビックのテストに臨む予定だ。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。