Back

News

ロペス、タイラウンドでは連覇が優先目標

ロペス、タイラウンドでは連覇が優先目標

25/10/2015 12:00

ホセ・マリア・ロペスはWTCCタイラウンドで、ライバルたちにバトルを譲るつもりだ。

ロペスはWTCC連覇が懸かっており、シトロエンCエリーゼでの今季9勝目を狙うよりも、タイトルの確保を優先すると話している。

32歳のアルゼンチン人ドライバーは、「良い準備をしてきた。王者になるために必要なポイント数は分かっている」と述べた。「もちろん、シトロエンCエリーゼに乗るときは、常にベストの結果を目指す。でも、今週末はタイトル確保だけを目標にしているよ。勝利でそれを達成できたら素晴らしいけど、必要なポイントを獲得するために、レース内でのバトルからは離れるようにする。ライバルたちよりも、自分自身との闘いだ」。

ロペスはレース1でポールポジションから勝利すれば、チームメートであり、タイトルを争うイヴァン・ミュラーの結果にかかわらず、連覇が決まる。あるいは、ミュラーがレース1でポールポジションから勝利しても、ロペスは2位か3位スタートから2位フィニッシュすれば、レース2で3位以内に入ることで、レース2でのミュラーの結果にかかわらず、やはり連覇を果たすことができる。

ニッキー・カツバーグが今週末、ベルギーのスパ・フランコルシャン24時間レースで連覇を目指す。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。