Back

News

ロペス、タイラウンドでは連覇が優先目標

ロペス、タイラウンドでは連覇が優先目標

25/10/2015 12:00

ホセ・マリア・ロペスはWTCCタイラウンドで、ライバルたちにバトルを譲るつもりだ。

ロペスはWTCC連覇が懸かっており、シトロエンCエリーゼでの今季9勝目を狙うよりも、タイトルの確保を優先すると話している。

32歳のアルゼンチン人ドライバーは、「良い準備をしてきた。王者になるために必要なポイント数は分かっている」と述べた。「もちろん、シトロエンCエリーゼに乗るときは、常にベストの結果を目指す。でも、今週末はタイトル確保だけを目標にしているよ。勝利でそれを達成できたら素晴らしいけど、必要なポイントを獲得するために、レース内でのバトルからは離れるようにする。ライバルたちよりも、自分自身との闘いだ」。

ロペスはレース1でポールポジションから勝利すれば、チームメートであり、タイトルを争うイヴァン・ミュラーの結果にかかわらず、連覇が決まる。あるいは、ミュラーがレース1でポールポジションから勝利しても、ロペスは2位か3位スタートから2位フィニッシュすれば、レース2で3位以内に入ることで、レース2でのミュラーの結果にかかわらず、やはり連覇を果たすことができる。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。