Back

News

ロペス、タイラウンドでは連覇が優先目標

ロペス、タイラウンドでは連覇が優先目標

25/10/2015 12:00

ホセ・マリア・ロペスはWTCCタイラウンドで、ライバルたちにバトルを譲るつもりだ。

ロペスはWTCC連覇が懸かっており、シトロエンCエリーゼでの今季9勝目を狙うよりも、タイトルの確保を優先すると話している。

32歳のアルゼンチン人ドライバーは、「良い準備をしてきた。王者になるために必要なポイント数は分かっている」と述べた。「もちろん、シトロエンCエリーゼに乗るときは、常にベストの結果を目指す。でも、今週末はタイトル確保だけを目標にしているよ。勝利でそれを達成できたら素晴らしいけど、必要なポイントを獲得するために、レース内でのバトルからは離れるようにする。ライバルたちよりも、自分自身との闘いだ」。

ロペスはレース1でポールポジションから勝利すれば、チームメートであり、タイトルを争うイヴァン・ミュラーの結果にかかわらず、連覇が決まる。あるいは、ミュラーがレース1でポールポジションから勝利しても、ロペスは2位か3位スタートから2位フィニッシュすれば、レース2で3位以内に入ることで、レース2でのミュラーの結果にかかわらず、やはり連覇を果たすことができる。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。