Back

News

ローブがモロッコでダカールへの冒険を始める

ローブがモロッコでダカールへの冒険を始める

10/10/2015 12:00

今シーズンのWTCCで3勝しているセバスティアン・ローブが、今週開催されるクロスカントリーラリーズのFIAワールドカップのモロッコラリーに参戦し、ダカールラリーに向けた準備を開始した。

ローブとパートナーのダニエル・エレナは、プジョー2008 DKR15+をドライブ。5日間のイベントでは序盤に出遅れたこともあり、最終順位は44位となった。

ローブは「僕らにとって初めてのクロスカントリーラリーだった。結果はかなり良かったよ。僕らは楽しんだし、もっとスムーズな場所では競争できることを示した」と語った。

「追っているときの砂丘やブッシュはさらに難しくなっている。隠れたトラックを見出すのにも少し苦労した。でも、自分たちの強みと弱点がどこにあるかを見ることができたよ。これで、どこを改善すべきかが分かった」。

ローブのプジョー・スポーツチームの代表であるブルーノ・ファミンは、「最初はあまり良くなかったが、彼らはフィニッシュにたどり着くことができた。途中でいろいろな挑戦があったよ。非常に難しいコンディションや、ナビゲーションの難しさなどね。5日間でかなり苦しんでいたが、とても有益だった」と述べている。

ローブの次戦は、10月31日から11月1日に行われるタイで初開催のWTCCだ。ローブはシトロエンCエリーゼをドライブする。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。

ヴィラ・レアルで行われたWTCCポルトガルラウンドのフリー走行2回目は、ホセ・マリア・ロペスが制してホンダの独壇場に終止符を打った。

WTCCポルトガルラウンド最初のフリー走行は、ホンダのファクトリードライバーたちがトップ3を独占した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのテスト走行は、ホンダのエース、ノルベルト・ミケリスが最速タイムを出した。