Back

News

ローブがモロッコでダカールへの冒険を始める

ローブがモロッコでダカールへの冒険を始める

10/10/2015 12:00

今シーズンのWTCCで3勝しているセバスティアン・ローブが、今週開催されるクロスカントリーラリーズのFIAワールドカップのモロッコラリーに参戦し、ダカールラリーに向けた準備を開始した。

ローブとパートナーのダニエル・エレナは、プジョー2008 DKR15+をドライブ。5日間のイベントでは序盤に出遅れたこともあり、最終順位は44位となった。

ローブは「僕らにとって初めてのクロスカントリーラリーだった。結果はかなり良かったよ。僕らは楽しんだし、もっとスムーズな場所では競争できることを示した」と語った。

「追っているときの砂丘やブッシュはさらに難しくなっている。隠れたトラックを見出すのにも少し苦労した。でも、自分たちの強みと弱点がどこにあるかを見ることができたよ。これで、どこを改善すべきかが分かった」。

ローブのプジョー・スポーツチームの代表であるブルーノ・ファミンは、「最初はあまり良くなかったが、彼らはフィニッシュにたどり着くことができた。途中でいろいろな挑戦があったよ。非常に難しいコンディションや、ナビゲーションの難しさなどね。5日間でかなり苦しんでいたが、とても有益だった」と述べている。

ローブの次戦は、10月31日から11月1日に行われるタイで初開催のWTCCだ。ローブはシトロエンCエリーゼをドライブする。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。