Back

News

ローブの成功を願うトッド会長

ローブの成功を願うトッド会長

12/12/2015 12:00

FIAのジャン・トッド会長は、WTCCで2年を過ごしたセバスティアン・ローブが、クロスカントリーラリーの見事なキャリアを続けるべきだと後押しした。

世界ラリー王者に輝くこと9回というキャリアで2014年にWTCCでの戦いをスタートしたローブは、ダカールラリーと2016年のクロスカントリーラリーのFIAワールドカップでプジョー・スポーツをドライブするためにシトロエン・レーシングを離れる。

月例のあいさつで、トッド会長は「FIAコミュニティー全体として、すでに素晴らしいスポーツキャリアを過ごした彼の新たなチャプターにおける成功を願っている」と述べた。

ローブはWTCC最終戦となった先月の DHLカタールラウンドで、チームメートのイヴァン・ミュラーに1ポイント差で2位の座を逃した。今季は4勝。ポールポジション獲得1回、最速ラップ5回という成績でシーズンを終えている。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。