Back

News

ローブの成功を願うトッド会長

ローブの成功を願うトッド会長

12/12/2015 12:00

FIAのジャン・トッド会長は、WTCCで2年を過ごしたセバスティアン・ローブが、クロスカントリーラリーの見事なキャリアを続けるべきだと後押しした。

世界ラリー王者に輝くこと9回というキャリアで2014年にWTCCでの戦いをスタートしたローブは、ダカールラリーと2016年のクロスカントリーラリーのFIAワールドカップでプジョー・スポーツをドライブするためにシトロエン・レーシングを離れる。

月例のあいさつで、トッド会長は「FIAコミュニティー全体として、すでに素晴らしいスポーツキャリアを過ごした彼の新たなチャプターにおける成功を願っている」と述べた。

ローブはWTCC最終戦となった先月の DHLカタールラウンドで、チームメートのイヴァン・ミュラーに1ポイント差で2位の座を逃した。今季は4勝。ポールポジション獲得1回、最速ラップ5回という成績でシーズンを終えている。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。