Back

News

予選で苦しみながらもレースで好成績のダステに賛辞

予選で苦しみながらもレースで好成績のダステに賛辞

05/11/2015 12:00

ALL-INKL.COMミュニック・モータースポーツのドミニク・グレニエ氏は、タイラウンドでのステファノ・ダステのパフォーマンスをたたえている。

ブリラムのチャーン国際サーキットで開催された2レースで、ダステはそれぞれ8位フィニッシュした。シボレーRMLクルーズTC1をドライブするダステは、予選でメカニカルな問題を抱えたものの、レースで見事に挽回している。

チームマネジャーのグレニエ氏は、「我々は普段と同じくセッションの60分前にエンジンを温めたが、問題が見つかった。多くのパーツやセンサーを変え、最後はターボも変えたんだ。Q1に間に合わせるためにね。それですべてOKだと考えた。だが、パワーがなかったんだ。だからステファノが何度もチェックしに来た。予選が終わってから、我々はさらに細かくエンジンをチェックし、ターボのウェイストゲートが壊れていたことが分かったんだ。それをレース1までに変えることができた」と説明した。

「本当に残念だったよ。今回は素晴らしいスピードが出ていて、Q2で高い順位までいけるという感覚があったからね。ようやくステファノが素晴らしい2レースをすることができ、たくさんのポイントを獲得できた。ALL-INKL.COMミュニック・モータースポーツのメカニックたちが週末を通じて素晴らし仕事をしてくれた。そしてステファノに速くてバランスが取れたマシンを用意できたんだ」。

2レースでトップ10フィニッシュを果たしたダステは、ヨコハマ・ドライバーズ選手権でもレース1で2位、レース2で3位とシーズンベストの成績だった。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。