Back

News

再びオーバーテイクの達人ぶりを見せたハフ

再びオーバーテイクの達人ぶりを見せたハフ

03/11/2015 16:00

ロブ・ハフはWTCCタイラウンドのレース1で、18位スタートから6位フィニッシュし、再びオーバーテイクの素晴らしさを示した。ハフは、チャーン国際サーキットのレイアウトが助けになったと話している。

ハフはもてぎラウンドのレース2でも、13位スタートから3位フィニッシュを決めている。

タイラウンドの予選でテクニカル違反から両レースで後方からのスタートとなったラーダ・スポーツ・ロスネフチのドライバーは、「それぞれのレースがファンタスティックだった」と語った。「レース1は本当に楽しめたよ。ガブリエル・タルキーニらと素晴らしいバトルができた」。

「レース2はもう少しハードだった。気温が変わってマシンに影響があったんだ。望んでいたほどハードに戦うのが難しかった。でも、僕らは良いポジションにつけることができたんだ。とても良いスタートができたけど、もちろん、後方からのスタートは良いものじゃない。結果的にはマシンが速く、6位フィニッシュでしっかりポイントを獲得できたのは本当に良かった。オーバーテイクは決して簡単じゃない。でも、僕のチームはファンタスティックなマシンを与えてくれた。完璧なセッティングで、それで僕はオーバーテイクできたんだ」。

レース2でのチアゴ・モンテイロの失格はまだ正式に決定していないが、ハフは6位フィニッシュでドライバーズ選手権の8位に浮上した。103ポイントでカタールでの最終ラウンドに臨む。ハフは2015年、トップ6フィニッシュが7度目となった。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。