Back

News

新人ドゥムースティエ、中国ラウンドは良い結果も悪い結果も

新人ドゥムースティエ、中国ラウンドは良い結果も悪い結果も

01/10/2015 12:00

WTCCのルーキーであるグレゴワール・ドゥムースティエは、先週末の上海でのROSNEFT WTCC中国ラウンドで浮き沈みを経験した。

レース2ではヨコハマ・ドライバーズ選手権のポイントを獲得した若きフランス人ドライバーだが、レース1ではリタイヤを余儀なくされている。

ドゥムースティエは「8位までいったんだけど、それからセーフティーカーが何周か入ることになった。それでも、リスタートは良かったんだ」と述べた。「ほかのマシンと接触して、マシンの右フロントの何かが壊れた。レース2に向けてリペアできたけどね」。

クラフト・バンブーはシボレーRMLクルーズをレース2に間に合わせ、ドゥムースティエは最後方からスタートし、12位フィニッシュ。インデペンデントでは4位という成績だった。

ドゥムースティエは「最初はかなり良いペースだった」と述べている。「レースの大半でノルビー(ミケリス)と良いバトルをしたね。抜くことはできなかったけど、僕らは良い走りを見せた。僕らは12位フィニッシュだったんだ。望んでいるものではないけど、良いレースだった。僕らは次でもっと向上できると思う」。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。