Back

News

新人ドゥムースティエ、中国ラウンドは良い結果も悪い結果も

新人ドゥムースティエ、中国ラウンドは良い結果も悪い結果も

01/10/2015 12:00

WTCCのルーキーであるグレゴワール・ドゥムースティエは、先週末の上海でのROSNEFT WTCC中国ラウンドで浮き沈みを経験した。

レース2ではヨコハマ・ドライバーズ選手権のポイントを獲得した若きフランス人ドライバーだが、レース1ではリタイヤを余儀なくされている。

ドゥムースティエは「8位までいったんだけど、それからセーフティーカーが何周か入ることになった。それでも、リスタートは良かったんだ」と述べた。「ほかのマシンと接触して、マシンの右フロントの何かが壊れた。レース2に向けてリペアできたけどね」。

クラフト・バンブーはシボレーRMLクルーズをレース2に間に合わせ、ドゥムースティエは最後方からスタートし、12位フィニッシュ。インデペンデントでは4位という成績だった。

ドゥムースティエは「最初はかなり良いペースだった」と述べている。「レースの大半でノルビー(ミケリス)と良いバトルをしたね。抜くことはできなかったけど、僕らは良い走りを見せた。僕らは12位フィニッシュだったんだ。望んでいるものではないけど、良いレースだった。僕らは次でもっと向上できると思う」。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。